FXというのは、外国為替証拠金取引のことです。また、最近急激にオンライントレーダーの人気を集めているのにバイナリーオプションという取引がありますが、ここではFXについて説明したいと思います。たとえば日本の円とアメリカのドルを考えてみた場合、日米の間では様々な経済活動が活発に行われており、円とドルの通貨の取引も活発に行われています。このように外貨が取引されることが、外国為替取引です。FXでは取扱業者に証拠金(業者に預ける担保金)を預けて外国為替取引に参加するので、外国為替証拠金取引と呼ばれているのです。

それではどうやってFXで利益を出すのかというと、その利益には為替差益とスワップ金利の二つがあります。為替差益とは、たとえば1ドル100円の時に円をドルに交換したとします。その後、為替レートが1ドル105円になった時にそのドルを円に戻せば、105円が手元に入ってきます。この105円から最初の100円を引いた5円が、為替差益と呼ばれるものなのです。ただし1ドルが95円になってしまえば、逆に5円の損失となってしまいます。

初心者も必見!

XEMarketsが新しくなりました。XEMarketsというのは、世界の人にさらによいサービスを提供するために産まれたブローカーです。XEMarketsの取引サービスの品質のよさは、英国FSA(英金融サービス機構)及び、キプロス証券取引委員会(CySEC)の許認可を取得しているというところからも、お伝えできるところかと思います。この、英国FSA(英金融サービス機構)及び、キプロス証券取引委員会(CySEC)というのは、世界の中でも、審査基準が厳しいといわれているのです。こういった審査をクリアしたXEMarketsであれば、日本のお客様も安心して取引を行っていただけれうはずです。また、取引のストレスを軽減するための品質向上にも常につとめています。色々な改善も行っており、たとえば、入金/出金のスピードをあげることで、ストレスなく使用していただけるようになっています。


 

1996年にアイフォレックスはそのグローバルなサービスを開始しました。それからというもの、アイフォレックスには、常に追い風が吹いていたといってもいいでしょう。その事業拡大のスピード、そしてスケールは、目を見張るものでした。為替オンライン取引のブームにのり、2008年には、世界をまたぐ、一大ネットワークとなっていたのです。ヨーロッパだけではありません。南北アメリカも、アジア諸国も、そしてアフリカも、アイフォレックスに加わっています。さらにオセアニアもです。このように、民族や国籍を超えて、アイフォレックスの輪は広がっているのです。
 

 

バイナリー88は、バイナリーオプションを専門に扱っている証券会社です。海外の企業ではありながら、日本語での対応を24時間受け付けており日本向けでは唯一のプラットフォーム業者です。取り扱っている銘柄は、その道のプロにより常に確認、厳選されているので、安定した銘柄が取り揃えられているという安心もあります。また、取引の安全性も動作環境などを常にしっかりと管理している、トレードのシステムのみを採用していますから、高い信頼を得ています。このようなことから、秒刻みに利用者が増えており注目の的となっている業者です。拠点はイギリスに置いていますが、ターゲットはアジアです。アジア圏に集中してサービスを展開している唯一の業者なのです。日本語でのサポートも24時間対応していますし、サポートスタッフも金融業会に精通した専門家揃いです。
 

 

トレードラッシュは、わずか60秒で最大81%もの利益率をあげられる、ここ最近のオンラインバイナリーオプション取引の中でも目覚ましい成長をとげている最も新しいプラットホームを採用しています。口座登録数ではオーストラリアハイローに負けますが、あらゆる通貨、株式、コモデティ、選び抜かれた85を超える銘柄を取り扱っていて、トレーダーが安心して取引できるようカスタマーサポートの充実と、優れたアナリストと相談できる環境整備を図っています。トレードラッシュが採用しているインターフェースは最新機能を備えていて、「上昇」および「下降」を決めたり、満期レート・時間の設定などのあらゆる場面において、バイナリーオプションを始めたばかりの人でも取引しやすいプラットホームとなっています。60秒という最短時間の取引から、満期の終了期間が30日以上となる長い時間を有する取引まで、トレーダーの好みに合わせてお手軽で、ローリスクハイリターンの取引ができるかつてないバイナリーオプションとなっています。
 


それからスワップ金利というのは、低金利の通貨で高金利の通貨にFXで投資した時、その金利の差額を利益として得ることができるのですが、この利益のことをスワップ金利と言います。また、金利差のことをスワップポイントと言いますが、これはあくまでも低金利の通貨で高金利の通貨に投資した時にのみプラスになるのであって、逆の場合はスワップポイントはマイナスとなってしまいます。そしてマイナスの時には、金利差を支払わなければならなくなってしまうので注意が必要です。

この為替差益とスワップ金利によって利益を狙う取引こそが、FXと呼ばれる投資なのです。ただ、FXにはレバレッジという独特のシステムがあります。それは、少ない投資額でより大きな取引ができる仕組みのことです。レバレッジは通常、倍率によって表現されます。たとえばレバレッジ10倍なら、それは証拠金の10倍の取引ができるという意味です。ですから業者に10万円の証拠金を預ければ、100万円分の取引をすることが可能であり、より大きな利益を狙うことができるということになります。このレバレッジこそが、FXの大きな魅力なのです。実際にFXで短期間に大儲けした投資家の話は、枚挙にいとまがありません。

しかし、FXも投資である以上はリスクが伴います。上手くいけば利益は得られますが、上手くいかない時には損失が出てしまうのです。ですから、まずは少額の低レバレッジで勉強を兼ねてキャリアを積むのが得策でしょう。そして実力が身に着いてきたら、本格的にガンガン儲けるようにすると良いでしょう。FXで儲けるには、先を急ぎ過ぎてはいけません。

FXで勝つために

FXで勝つためには、チャート分析が不可欠です。いくつかのインジケーターを設定したチャートを分析することを「テクニカル分析」と言います。経済指標の発表や要人発言など、世の中や政治の動きから分析をする方法が「ファンダメンタルズ分析」です。テクニカル分析のほうが、より客観的な分析ができます。取引で使用するインジケーターは数多くあります。代表的なものが、ローソク足、移動平均線、MACD、一目均衡表、RSI、ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、モメンタムなどです。その中から自分に合ったものを組み合わせて使います。