Foreign Exchange略してFXとは、外国為替証拠金取引を意味し、異なる2つの通貨の売買によって、差益を得る取引のことです。

2011年8月から日本ではレバレッジの上限が最大25倍までに規制されたことで、海外のFX業者への期待が高まっています。

近頃では海外FX業者も完全日本語対応など、サポート環境も整っており安心して取引することができます。口座開設後は遅くとも1週間程度で審査が完了し、トレードが可能となります。なお急いぐ場合はその旨、もちろん日本語でサポートへ連絡すれば、対応してもらえます。

ではXM.comの特長についてご説明しましょう。

XEMarketsはキプロスに拠点を置くTradingPointのリニューアルによって誕生した、海外FX業者の中でも歴史と確かな実績を持つ会社です。

レバレッジは888倍と1,000倍の業者には及びませんが、それでもかなり高いレベルだと言えるでしょう。

日本語サイトもあり、メールも日本語でOKと言葉のサポートも万全。バイナリーオプション海外が好みという方も満足出来るブローカーでしょう。

加えてリクオート、注文拒否なし、隠れコストもありませんので、100%約定が保証されているというのが大きな特長です。ただし日本語チャットが使用できない点には注意が必要です。

XEMarketsは、EUの営業ライセンスを持ち、英国バークレー銀行により顧客の資産がすべて安全に保証されることで注目を集めています。しかし何と言ってもXEMarketsの最大のウリは信頼性の高さでしょう。

運営会社のTradingPointは審査の厳しいことで知られる英国のライセンスに加え、キプロスの金融監督機関であるキプロス証券取引委員会のライセンスも持つEUの正規のFX会社です。完全日本語対応のサポート、さらには英国バークレー銀行による顧客資産の100%保証。またEUのライセンスも取得しているので信頼性が高く、安心感があります。

MT4完全対応、もちろんデモ口座による練習ができます。全ての入金時につく最大$10,000!30%という高いボーナスも魅力的。クレジットカードが使用でき、即時入金、また同日出金も可能です。口座は最低5ドルから開設OK。FX、貴金属、エネルギー、指数など多くの取引商品が用意されています。合計賞金は$20,000です。デモ口座と入出金については、FXとBO投資初心者講座が一番参考になりました。
 

FXで勝つために

FXで勝つためには、チャート分析が不可欠です。いくつかのインジケーターを設定したチャートを分析することを「テクニカル分析」と言います。経済指標の発表や要人発言など、世の中や政治の動きから分析をする方法が「ファンダメンタルズ分析」です。テクニカル分析のほうが、より客観的な分析ができます。取引で使用するインジケーターは数多くあります。代表的なものが、ローソク足、移動平均線、MACD、一目均衡表、RSI、ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、モメンタムなどです。その中から自分に合ったものを組み合わせて使います。